AndroidスマホでプライベートDNSを設定する オススメはどれ?

この記事は約2分で読めます。

Androidスマホですが、実はWi-Fiだけでなくモバイル回線でもDNSを変更することができます。
通常はキャリアで設定されたDNSを使うことになりますが、これをGoogleなどのDNSを使えるように設定を変更することができます。
それがプライベートDNSと呼ばれるものです。
この記事ではそのやり方についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

プライベートDNSとは?

プライベートDNSとはモバイル回線のDNSを任意で設定できる機能のこと。

DNSとは(Domain Name System)の略で、アドレスのドメインの部分(〇〇.com)をIPアドレスに変換することでアクセスを可能にしています。

DNSで有名なものだとGoogleの「8.8.8.8」やcloudflareの「1.1.1.1」などが有名です。
DNSを変更することでセキュリティ機能を強化したり、場合によっては回線速度が向上するといったメリットがあります。

プライベートDNSの設定方法

プライベートDNSの設定方法は機種によって異なりますが、今回はAndroidで説明していきますね。

プライベートDNSの設定ですが、まずスマホの設定画面を開いて接続と共有を選択します。

接続と共有からプライベートDNSを設定する。

するとプライベートDNSという項目があるのでこれを選択します。

プライベートDNSプロバイダーのホスト名を変更する。


デフォルトだとオフになっているので、これを「プライベートDNSプロバイダーのホスト名」に変更します。
そこにDNSプロバイダーのホスト名を入力します。
今回はGoogleのDNSに変更するので、dns.googleにします。これはお好みで他のDNSに変えてみても良いのかもしれません。

これで設定は完了です。

回線速度はあまり変わらず?

変更して回線速度を早速計測してみました。

17時ごろに横浜で計測しましたが、劇的に回線速度が早くなるということはなく、正直回線速度はあまり変わりませんでした。

この機能ですが、回線速度を早くするためというより、何らかの理由でキャリアのDNSが使えなくなったときに変更するというような感じで、あくまでも非常用という感じなのかもしれません。
セキュリティのことを考えれば、よく分からないDNSよりもキャリアのDNSのほうが安心といえます。
変更する際も信頼できるDNSを使うのをおすすめします。

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな24歳男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームを嗜んでいます。
愛機のスマホはXiaomi Mi10T Pro,RakutenHand,iPhone6S

ひろをフォローする
スマホ
スポンサーリンク
ひろをフォローする
GADGET LOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました