【レビュー】AZLA SednaEarfit Crystal 耳のかゆみはこれで解決!

4.0
ガジェット
この記事は約5分で読めます。

電車で通勤通学するときにワイヤレスイヤホンを使うという人も多いと思います。
僕もその一人なのですが、イヤホンを使っているとすぐに耳がかゆくなってしまって、耳が荒れてしまったりということがあってしばらく使えなかったんです。

せっかく買ったイヤホンが使えないというのはもったいないので、何か対処法が無いかと思って考えたところ、シリコンを使用していないイヤーピースだと痒みが軽減されると知りました。

購入したのはAZLA SednaEarfit Crystalというイヤーピースで、使用しているイヤホンはSONYのWF-1000XM3です。

スポンサーリンク

AZLA SednaEarfit Crystalはタイプ別に3種類

まずAZLA SednaEarfit Crystalについて一つ注意点なのですが、同じシリーズでもサイズや機種ごとにタイプが分かれており、スタンダード版、TWS版、AirPods版の3つがあります。

Amazonより

まず1番分かりやすいのがAirPodsPro用で、こちらは文字通りAirPodsPro専用のもので、イヤーピースの形状が通常のイヤホンとは異なります。

そしてややこしいのがスタンダード版とTWS用の違い。まずTWSってなんだよって思う人もいるかと思いますが、TWSとはTrue Wireless Stereoの略。要は完全ワイヤレスイヤホンのことですね。


TWS用 イヤピースの部分が少し短くなっているのが分かります。
スタンダード版

こちらは外観を見た限りスタンダード版とあまり違いは無いように思えますが、右側のスタンダード版と比較するとイヤーピースの長さが少し短くなっています。

長さで比較するとスタンダード版の軸部が8.8mmなのに対し、TWS用は6.9mm
イヤホンによって軸部の長さは異なるので、購入する前にこの2つの違いを抑えておくと良いでしょう。

イヤーピースを交換

イヤーピースを交換するワイヤレスイヤホンはこれ!

まずは僕が使っているイヤホンについて軽く紹介。
使っているのはソニーのWF-1000XM3というものでイヤーピースはシリコン製のものとなります。すでに後継機種のWF-1000XM4が販売されていて型落ちにはなりますが、ノイズキャンセリング機能は本当に素晴らしいのでまだまだ使える印象。

このシリコンというのがやっかいで、人によってはアレルギーが出てしまうということがあるらしいので、イヤーピースを変更すると改善するというわけですね。

純正のイヤーピースをつけたWF-1000XM3
純正のイヤーピースを付けた状態。これだと痒みが収まらなくて大変でした。

何度かアルコールで除菌してみるも痒みがまったく改善されなかったので、原因は雑菌というよりシリコンにあったわけです。とはいえ、雑菌が繁殖するのもかゆみの原因になるので、そういう場合はアルコールできちんと除菌するのが良いですね。

AZLA SednaEarfit Crystalの外観

そして僕が購入したイヤーピースがこちら。

AZLA SednaEarfit Crystal

AZLA SednaEarfit CrystalのM.ML.Lサイズものです。

プレミアムイヤーピースということで、耳の中で密着するような装着感となるのでワイヤレスイヤホンとの相性も抜群。

そして交換してこうなりました。

デザインも透明で高級感がある見た目で違和感もないですね。汚れが少し目立ちやすい感じはありますが、汚れたままだと不衛生ですので僕はあまり気にしてません。

装着感や音質の違いはどうなる?

まずAZLA SednaEarfit Crystalの装着感ですが、以前のシリコンのものより密着感があって、少しサイズが合わなくても耳から外れにくいというのが第一印象。

良くも悪くもくっつく感じがあります。これは人によって好みが別れますが、ワイヤレスイヤホンは落とすと無くしやすいのでピッタリくっついてくれる方が安心なので、僕としては好印象です。
また、以前はシリコン製で痒みがひどかったのですが、こちらのイヤーピースは1時間くらい使っていても痒みを感じたりすることがなかったです。

ちなみに前に使ってたシリコン製のやつは、使い始めて10分でかゆくなって思わず取ってしまう感じだったので、雲泥の差ですw
やっぱりアレルギーだったんだろうなぁ・・・。

音質は純正品よりも少し開放感があって、聞き取りやすい印象でした。僕はJPOPとかロックをよく聞くので、音質が悪くなったなという印象はありませんでした。

ノイズキャンセリング機能は少し落ちるが許容範囲

少し気になる点が一つありまして、それはノイズキャンセリングの機能が少し低下したなと思うところ。確かに装着感や音質などはいい感じですが、ノイズキャンセリング機能については純正品のほうがしっかり働いている感じですね。

これは装着感とノイズキャンセリング、どっちを取るかという話にもなりますが、僕としてはそこまで気になる範囲ではないので、このまま使っても問題ないなと思いました。

そもそも痒くて付けれられなかったら、ノイズキャンセリングも意味がないので痒くならないというのが第一なので、これは気にならないと思います。

イヤーピースを交換するときは充電器ケースとの干渉に注意!

ワイヤレスイヤホンのイヤーピース交換で注意したいのが一つありまして、それは充電器ケースとの干渉です。
純正のイヤーピースであれば、どのサイズを装着してもケースに入らないということは絶対にありませんが、社外品を使うとなるとケースに入り切らないということが考えられます。

ちなみに僕が使っているWF-1000XM3では干渉こそしないものの、少しケースの蓋が閉まりにくいという印象を受けました。イヤーピースはMサイズだったので、これより大きいサイズになるとケースが閉まらないというのが考えられますね。

購入する前に事前にレビューなどで自分の使っているイヤホンで使えるかどうかはチェックするのがおすすめですよ。

まとめ

イヤホンを使ったときの嫌な痒みですが、AZLA SednaEarfitに交換することで改善されました。

購入するときのポイントとしては

  • スタンダード版とTWSの違いを抑えておく
  • 充電器ケースとの干渉に注意!

という感じですね。イヤホンを自分好みにカスタマイズするのも楽しいですしチャレンジしてみるのがオススメです!それでは。

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな24歳男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームを嗜んでいます。
愛機はXiaomi Mi10T Pro,iPhoneSE3,MacbookAir

ひろをフォローする
ガジェット
スポンサーリンク
ひろをフォローする
スポンサーリンク
GADGET LOG
タイトルとURLをコピーしました