CHUWIのミニPCのラインナップ一覧 オススメはRyzenモデルだ!

パソコン
この記事は約4分で読めます。

格安のノートパソコンを販売していることで知られるCHUWIですが、ミニPCという小型のデスクトップPCも販売しています。

コンパクトサイズでサブPCとしても最適なミニPCですが、Ryzen7 5800Hを搭載した本気仕様のモデルもあり、ヘビーユーザーも大満足の仕様になっています。

またミニPCとはいえ拡張性もある程度は確保されていて、メモリ増設できるのも大きな特徴だったりします。

この記事ではCHUWIのミニPCをいくつか紹介していきますね。

スポンサーリンク

CHUWIのミニPCラインナップ一覧

目玉はRyzen7 5800HモデルのRZBOX

自作PCユーザーの僕として一番注目なのが、なんと言ってもRyzen7搭載モデルのCHUWI RZBOX。
コンパクトサイズでテーブルに置けるくらいの大きさながら、Ryzen7 5800H搭載でメモリは16GBのガチ仕様で、サブPCのつもりで購入するはずがいつの間にかメインになってそうな予感がします。w

CPUはRyzen 7 5800Hを搭載

注目ポイントがCPUですがゲーミングノートPCなどでも搭載される8コア16スレッドのRyzen7 5800Hを搭載しています。

モバイル版のCPUということもあり、TDPや発熱が抑えられておりミニPCでも安心して使うことができますね。

メモリやストレージも増設可能で拡張性がバツグン

ミニPCということもあってメモリの容量などが心配になりそうですが、こちらもデフォルトで16GBが搭載されており、空きスロットを使えば16GB×2で32GBまで増設可能となります。

また、SSDに関しても通常のSATA SSDではなく、より高速なPCIe SSDをサポートしているため書き込み速度なども爆速。こちらも最大4TBまで換装可能なので拡張性もバツグンですね。

内臓のSSDだけでは足りない場合はUSB接続のSSDなどを使うと更に快適になるかと思います。

端子も豊富でデュアルディスプレイも使える!

映像出力端子はHDMIとDisplayPortがそれぞれ1つずつで、なんとデュアルディスプレイも利用可能。ミニPCの概念がぶっ壊れます。w

ミニPCながらUSB端子もTypeCを含めるとなんと5つもあり、USBタイプのストレージも使いやすい仕様となっています。

また、有線LANの端子はもちろんこと、Wi-Fi6やBluetoothも対応しておりリモートワークでも活躍しそうな予感です。

2万円台から買えるHeroBox Mini Pc

サブPCとして割り切って使うのであればCeleron搭載で8GB/256GBのHeroBox Mini Pcが注目です。

こちらは価格が2万円台からとお手頃で、BlueToothやWi-Fiも搭載しているのでリモートワークでも活躍してしまいそうな仕様となっています。

Celeronとはいえ、メモリはデフォルトで8GB搭載していますし、4Kの出力も可能で動画視聴なども快適にできるのが大きな特徴です。

重たいPCゲームなどは流石に厳しいですが、ちょっとした書類作成や事務作業はこれ一台でこなせます。

ミニPC史上最強の小型サイズ!LarkBox Pro

ミニPCを買うならできるだけ小型なのが良い!ノートパソコンですら邪魔になる!なんて人には、CHUWI LarkBox Proがオススメ。

手のひらサイズで重量はなんと120gほどで、大きさは6.1cm×6.1cmで高さも4.3cm、持ち運びもノートパソコンより簡単という代物です。

これだけ小型ではありますが、USBやHDMIなどの必要な端子が揃っているのも驚きなポイント。
こちらも実勢販売価格は2万円ほどです。パソコンの小型もここまで来たかという感じですね。

ミニPCの気になる拡張性は?メモリ増設やストレージの換装なども○

ミニPCで気になるのが拡張性ですが、メモリなどは空きスロットがある場合は増設することが可能です。

最近のモデルであればほとんどはDDR4のメモリを採用していますが、メモリはノートパソコン用のものを採用しているので、購入するときはデスクトップ用と間違えないようにしたいところです。

またストレージに関しても換装するか、USB接続のSSDなどを接続することで増設も可能です。
パソコンの中身を開けることに抵抗がない人はM.2のSSDで増設するのも良いですが、中身開けるのに抵抗がある人はUSBで接続できるSSDなどがお手軽ですね。

比較的安価なモデルが多いので、自作PCユーザーの人はカスタマイズするのを前提にして購入するのもまた大きな楽しみになります。

終わりに

CHUWIのミニPCですが、小型ながらも拡張性はある程度確保されており、ライトユーザーからヘビーユーザーまで満足できる仕様になっています。

そのまま使うのもよし、カスタマイズしてお好みの仕様にして遊ぶのも良しの遊び心があるPCですね。

それでは〜

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな24歳男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームを嗜んでいます。
愛機はXiaomi Mi10T Pro,iPhoneSE3,MacbookAir

ひろをフォローする
パソコン
スポンサーリンク
ひろをフォローする
スポンサーリンク
GADGET LOG
タイトルとURLをコピーしました