iPhone14の価格が発表へ 円安の影響もあってやっぱり高い?

スマホ
この記事は約4分で読めます。

日本時間の9月8日未明にAppleからiPhone14の発売について発表がありました。
予約は9月9日から始まり9月16日以降からの販売となるそうです。

恒例のAppleの新製品発表ですが、今回の目玉はなんといっても新型のiPhone14ですね。
円安や半導体不足などの影響もあり、スペックはもちろん価格も気になるところですが、一体どういった内容になったのでしょうか?

この記事ではiPhone14の価格やスペック、販売予定について紹介していきます。

スポンサーリンク

iPhone14の価格が発表 

Apple公式サイトより

新型iPhoneの発表で気になるのが個人的にはスペックよりも価格で、2022年に入って円安の進行や半導体不足で旧モデルも軒並み値上げになってしまったのは記憶に新しいところです。

では、iPhone14の価格はいくらになったのでしょう?

iPhone14iPhone14PlusiPhone14 ProiPhone14 Pro Max
128GB119,800円134,800円149,800円164,800円
256GB134,800円149,800円164,800円179,800円
512GB164,800円179,800円194,800円209,800円
1TB224,800円239,800円
iPhone14の価格表

はい、なんというか予想通りというか安くなるわけないよなと言う感じで、無印のiPhone14で11,980円になりました。前モデルと比較すると2万円以上の値上げとなります。
はぁ・・・恨むぞ円安・・・。

とはいえ発表時点で1ドル144円ほどですが、販売価格は1ドル136円で計算されているそうで現状のことを考えるとむしろ割安な感じがしなくもありません。Appleさん良心的じゃない?

このまま円安が更に進行するとなると早めに買うのがむしろオトクなのかもしれません。

旧モデルのiPhoneは1万円の値下げへ

iPhone14の価格でがっかりした人も多いかもしれませんが、新モデル発売ということになるとiPhone12、13あたりは値下げされて在庫処分という可能性も十分にありますし、Appleの公式ストアでも旧モデルのiPhone13,12が1万円の値下げとなりました。

また各キャリアでもiPhoneユーザーの囲い込みが行われることも予想され、一括〇〇円のセールもすでに一部では開催されているとのことです。

iPhone14が高すぎるならiPhoneSE3やAndroidもおすすめ

iPhone14の価格を見て、やっぱりやめとこうかなぁと思う人も少なくないはず。
そんな人はiPhoneSE3など格安のモデルや、Androidに乗り換えるというのも視野に入れていいのかもしれません。

僕はiPhone6sを使い終わった段階でiPhone高いなぁと思ったので、Androidに乗り換えた組なのですが昔と違ってAndroidも使いやすくなってきましたし、スペック上でもiPhoneと比較して明らかに劣るということもないので、選択肢に入れておくのも良いと思います。

詳しくは別記事にて書いてます。

終わりに

iPhone14の価格が発表になりましたが、どんな感想でしたでしょう?
僕は元々買う気が無かったので、まあこんなもんだよなぁと思いましたけど、iPhoneも気づいたらどんどん高くなってしまって手が出せない状況です。

対してお金持ちじゃない僕はiPhoneSEで我慢しますけど、新製品もほしいんだよなぁ・・・。

ではでは~

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな24歳男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームを嗜んでいます。
愛機はXiaomi Mi10T Pro,iPhoneSE3,MacbookAir

ひろをフォローする
スマホ
スポンサーリンク
ひろをフォローする
GADGET LOG
タイトルとURLをコピーしました