XiaomiのMifitとGoogleFitを連携させる方法

ガジェット
この記事は約2分で読めます。

Xiaomi(シャオミ)のスマートウォッチ用のペアリングアプリのMifit(Zepp Life)ですが、計測したデータをGoogleFitでまとめて管理したいという人もいらっしゃるかと思います。

Mifitは設定を行うことでGoogleFitと連携させることができ、歩数や体重などのデータをまとめて管理ができます。

この記事ではXiaomiのMifitとGoogleFitを連携させる方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

Mifitの設定からGoogleFitと連携させる

まずMifitを起動して下のプロフィールを選択します。

アカウントを追加を選択

するとペアリングしているデバイスの一覧の下の方に進むと「アカウントの追加」という項目が表示されていると思うのでこちらをタップしてくだしあ。

するとGoogle Fitという項目が表示されるのでこれをタップすると、Googleアカウントの選択画面が出ます。普段GoogleFitで使っているアカウントを選択して、連携が完了となります。

計測したデータを確認する

計測したデータはGoogleFitから確認することができます。

歩数であればマイアクティビティからその日の歩数を選択すると、右上に小さくMiFitと書かれていると思います。連携元のアプリが表示されていれば無事に成功しているということですね。

体重は同期されない?

僕の場合、Xiaomiのスマート体重計を使っていてそのデータをMiFitに記録しているのですが、これはGoogleFitと連携できないみたいで、MiFitで確認するか手動でGoogleFitで入力する必要があります。

Xiaomi Mi スマート体組成計2で測定した体重

これはちょっと不便だなと思いました。

体重の計測と記録って面倒なので、意外と続かないからXiaomiの体重計は重宝してたんですけどね・・・。

ただMifitからであれば、体重だけでなく体脂肪率や筋肉量も測定できて便利なのは間違いないので、自粛太りで困っている人はチェックしてみるのがオススメ。

終わりに

MifitとGoogleFitを連携させることで、計測したデータもまとめて表示することができて、日々の生活もより健康的になりますね。

Xiaomi Wearというアプリだと、GoogleFitとは連携できないので、僕の場合はなるべくMifitで計測したデータを管理するようにしています。それでは。

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな24歳男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームを嗜んでいます。
愛機はXiaomi Mi10T Pro,iPhoneSE3,MacbookAir

ひろをフォローする
ガジェットスマートウォッチ
スポンサーリンク
ひろをフォローする
スポンサーリンク
GADGET LOG
タイトルとURLをコピーしました