【レビュー】ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 2

ガジェット
この記事は約6分で読めます。

久々のイヤホンレビューですが、今回はゼンハイザーのワイヤレスイヤホンMOMENTUM True Wireless 2となります。

すでに後継モデルのMOMENTUM True Wireless 3が発売となり、型落ちのモデルとはなりますが他メーカーにはないデザイン性と音質が魅力のモデル。

今回は中古でeイヤホンの秋葉原店で購入しましたが、価格は1万4,000円ほどと型落ちなだけあって安価ですし気になるところです。

スポンサーリンク

MOMENTUM True Wireless 2の外観

充電ケース

MOMENTUM True Wireless 2の外観
ケースの外観。ファブリックの素材でおしゃれです。

外観ですがグレーを基調にした色で、ケースはファブリックのような素材となっており、他社のモデルとは一線を画する見た目となっています。ワイヤレスイヤホンのケースはほとんどがプラスチックむき出しの素材になっていますが、あれってカバンの中で動いたりするとすぐに傷がついてしまうので、こういう布っぽい素材だと傷とか汚れが目立ちにくいので嬉しいですね。

MOMENTUM True Wireless 2の充電端子
ケースの充電端子はUSB-TypeC

充電端子のあたりだけプラになっているので、購入時から少し傷がついていましたが見えにくい場所なのでそこまで気にはならず。端子はUSB-TypeCなのでスマホの充電ケーブルをそのまま使うことができるのが嬉しいポイント。

フル充電まで体感で1時間以下でしたのですぐに使えるのもGood。

MOMENTUM True Wireless 2の付属品
付属品はイヤーピースとケーブル

付属品はイヤーピース3サイズと充電ケーブルです。
デフォルトではMサイズが装着されており、SSサイズ、Sサイズ、Lサイズのイヤーピースが付属しています。

本体

イヤホン本体

中を開けてイヤホン本体を見ていきます。
シルバーとZのロゴが目に飛び込んできますが、ここも質感が結構高いです。というか見た目だけならAirPodsよりかなり良いんじゃないですかね・・・?

本体はやや大きめだが重量は気になりません。

本体は少し大きめな感じがしなくもないですが、持ってみて重いという感じは全くなく他社のイヤホンと遜色ない軽さだと思います。

気になる装着感

海外メーカーのイヤホンだと気になるのがイヤホンの装着感ですが、イヤーピースの種類もS~Lまで三種類用意されているということもあり、日本人の耳に明らかに合わないような形にはなっていないという印象です。僕は耳の穴が少し小さめですが、それでも使っていてポロっと落ちてしまうようなことはありませんでした。

AZLAのイヤーピースに交換済み

ちなみに僕はイヤーピースを純正からAZLAの透明イヤーピースに変えました。(箱が汚くてすみません。。)
と言っても純正のが合わないというより、シリコンアレルギーで普通のイヤーピースが付けられないという理由ですが、社外品のイヤーピースでもケースには十分収まりますし、購入後に交換を検討している人も安心の仕様です。

バッテリー持ちも問題無し

ワイヤレスイヤホンで気になりがちなのがバッテリー持ちですが、こちらも使っていて不自由に感じることはほとんどなく、1日1〜2時間程度の使用ですが、一週間に1回くらいの充電で十分という感じです。ほぼ公表通りのスペックだと思います。

フル充電まで時間もほとんどかかりませんし、USB-TypeCなので他のスマホのケーブルをそのまま使えるのも嬉しポイント。

音質とノイズキャンセリングの性能は?

音質とノイズキャンセリングの性能ですが、こちらは以前使用していたSONYのwf-1000xm3とも比較しながら書いていきたいと思います。

音質

まず音質ですがこちらはゼンハイザーらしく透き通っていて、変に低音などが強調されることもなく、J-POPなどを聞いていても思わずニヤっとしてしまうような音質の良さでした。

以前使っていたSONYのイヤホンも音質は悪くはなかったのですが、よくも悪くも実用的という音質で声は聞き取りやすいものの、特徴がそこまで無かったのでゼンハイザーのイヤホンは音楽を愉しむということに重点を置いたモデルだなと思いました。

イコライザの設定項目は少なめ。純正のまま使えということなのかも。

透明感のある音質でどこか暖かみもあるような感じなので、ふと現実を忘れたくなったときに音楽で周りをシャットアウトしたくなるようなイヤホンですね。
万人受けするような感じでは無いのかもしれませんが、ハマる人はハマるそんな世界観です。

すでにゼンハイザーのヘッドホンを使ったことある人には間違いなくおすすめですし、国内メーカーしか使ったこと無いよという人も一度この世界観を味わってほしいなと思います。

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリングの性能ですが、こちらも通勤電車の中で使っていると余計な音などはしっかりと排除してくれるような印象で、音楽に集中して聞きたいときはなかなかの性能だと思います。

とはいえ、以前使っていたSONYのwf−1000XM3と比較すると、やや性能が劣るかもしれません。ノイズキャンセリング機能についてはSONYが最強だと思っているので、それと比較するのは酷かもしれませんが、普段使いで性能不足と感じることはなさそうです。

欠点:混んでいる場所だと途切れやすい

ここまで高評価ポイントをいくつか書いてきましたが、欠点についても上げてみます。
それは電車や駅のコンコースなど人混みの中で使っていると、途切れやすいところです。

例えば朝の通勤ラッシュの電車で周りにワイヤレスイヤホンを使っている人がいると高確率で途切れますし、カフェなどでも隣の人がAirPodsを使い始めると途端に途切れてしまうということがありました。(ちょっとイラッときますw)

これは他のレビューも読んだ限り不具合というよりも仕様という感じで、ファームウェアをアップデートするなどして解消することもあるようなので、まだアップデートしていない人は専用アプリをダウンロードして確認してみるのをオススメします。

Sennheiser Smart Control

Sennheiser Smart Control

Sonova Consumer Hearing GmbH無料posted withアプリーチ

まとめ

ゼンハイザーのMOMENTUM True Wireless 2ですが、他社モデルにはない質感の高さと所有欲を満たしてくれるモデルだと思いました。後継モデルはいくつか不具合があると聞いているので、MOMENTUM True Wireless 2も選択肢に入れてみると良いかもしれません。

それでは。

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな24歳男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームを嗜んでいます。
愛機はXiaomi Mi10T Pro,iPhoneSE3,MacbookAir

ひろをフォローする
ガジェット
スポンサーリンク
ひろをフォローする
スポンサーリンク
GADGET LOG
タイトルとURLをコピーしました