手垢で汚れたマウスパッドの洗い方 必要なものはこれだけ!

パソコン
この記事は約4分で読めます。

パソコンで使うマウスパッドですが、手が触れる箇所でもあるので気がついたら皮脂とかの汚れが溜まっているなんてことも。

汚れを見ていても気分が良いものでは無いですし、せっかくなら掃除をしてキレイにしておきたいですよね。

そんなマウスパッドの洗い方ですが、必要なものは中性洗剤だけで簡単にできますのでこの機会にやってみると良いと思います。それではやっていきましょう!

スポンサーリンク

マウスパッドを洗い方

まず、洗う前のマウスパッドの状態を紹介します。ちょっと汚いのですみません。。

洗う前のマウスパッド
洗う前のマウスパッドの状態

もともと黒のマウスパッドだったのですが、汚れが溜まって少し白っぽくなっているのがわかるかと思います。これらは皮脂の汚れもあるので、まずはぬるま湯につけて10分ほど浸けて、ゆっくりと汚れを落としていきましょう。

マウスパッドをぬるま湯に10分浸す

マウスパッドをぬるま湯に入れて汚れを落とす
マウスパッドをぬるま湯に浸ける

桶とかにぬるま湯を張ってまずは10分ほど待ちます!ひたすら待ちます!すぐにお湯をかけても汚れは落ちないのでこの過程はとっても大事です。

中性洗剤を用意して洗う!

その間に用意するのが中性洗剤です。中性洗剤であれば手に優しいですし、色落ちしてしまう心配もありません。

今回使う中性洗剤

さあ洗っていきましょう!

中性洗剤でマウスパッドを洗ってる状態
中性洗剤で洗うときはブラシを使うと効果的

お湯に少量の中性洗剤を入れて、ブラシやスポンジでゴシゴシしていきます。

表面だけじゃなくて裏面もきちんと擦りましょう!一通り洗い終わったら何度かすすぎをして、陰干しをして乾燥させます。

乾かすのは少し時間がかかるので、タオルとかに挟むと水分を吸ってくれるので早く乾燥します。
日光に当ててしまうと変色してしまうかもしれないので、陰干しがオススメです。

乾くのが遅いからと言って、無理に絞ったりするのは厳禁ですよ!
絞りすぎると型崩れしてしまったり、生地にあまり良くない感じがするので、そっとしておいてあげましょう!

掃除する頻度はどれくらいが良い?

マウスパッドの掃除って地味に面倒ですし、乾かすまで時間が少しかかってしまうのが嫌ですね。

掃除をする頻度ですが、僕的には月に1回くらいがちょうど良いのかなと思います。

流石に毎週掃除するのはしんどいですし、かといって年に1回だと不衛生すぎる感じもしますので、普段から軽い汚れはなるべく拭くようにして、汚れがひどいときは月に1回必ず中性洗剤で洗ってみるのが良いかなと思います。

汚れがひどくなる前に定期的な掃除を

今回掃除したものは全体的に白くなってしまい、少し汚い感じがしましたが日常のお手入れで汚れがつくのを防ぐのだってできます。
少し汚れが付いてしまったなと思ったら、アルコール除菌シートでこまめに拭いたり、飲み物とかがこぼれないようにするのが大事ですね。

また、掃除するのが面倒であれば撥水加工されているパッドを使うのもおすすめです。

今僕が使用しているのはロジクールのデスクマットで、こちらは撥水加工がされているので通常のマウスパッドよりも汚れが付きにくい形状となってます。

お手入れも通常のマウスパッドよりもかなり楽なので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

終わりに

マウスパッドの洗い方ですが、中性洗剤とぬるま湯を使うことで、手垢や皮脂などを簡単に落とすことができます。洗わずに使うのは不衛生ですし、汚れが目立ってから洗うのも少し遅い気がするので、月に1回くらいはかならず洗っておきたいところですね。

また、1年か2年くらい経ってマウスパッドがボロボロになってきたら思い切って買い換えるのがおすすめです。

参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな24歳男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームを嗜んでいます。
愛機はXiaomi Mi10T Pro,iPhoneSE3,MacbookAir

ひろをフォローする
パソコン
スポンサーリンク
ひろをフォローする
スポンサーリンク
GADGET LOG
タイトルとURLをコピーしました