自作パソコンを処分する手順。分解してゴミに出すのが一番オススメな理由

パソコン
この記事は約3分で読めます。

自作パソコンの処分ですが、メーカー製のPCと違い処分の仕方も良く分からず、古いパーツなどをそのままにしてるなんて方もいらっしゃるはず。

メーカー製のPCよりも処分はやや面倒ですが、工夫をすればあまりお金をかけずに処分することができます。
今回は自作パソコンの処分の仕方について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

自作パソコンも有料で回収してくれるサービスがある

自作パソコンの処分ですが特に心配は要りません。
様々な回収業者がありますが、一番安心な業者はパソコン3R推進協会というところで、料金はかかってしまいますが、無料回収を謳っている怪しげな業者よりはこういったところのサービスのほうが信頼できるかと思います。

デスクトップPCで税込み4400円〜となっています。

できるだけお金をかけたくない人の方法

パソコン3R推進協会のデメリットですが、やはり4000円以上とそれなりのお金がかかってしまうこと。
ちょっとしたパーツが一つ買えてしまう金額なので少し躊躇しますね。

できるだけお金をかけたくない人向けの方法が主に2つあるのでそちらも紹介しますね。

売れるパーツはできるだけ売ってしまう

まず1つの方法として売れるパーツはできるだけ売ってしまうことです。
パソコンのパーツは古くなって型落ちになっても一定の需要があり、メルカリなどのフリマアプリで取引が頻繁にあります。
また、パソコンのパーツは比較的小型のものが多いので、送料もあまりかからず手元にお金が残りやすいというメリットもありますね。

バラバラにしてゴミに出す

お金をかけたくないしフリマで出品するのも面倒・・・。

そういった方にオススメの処分法が、自作したパソコンをバラしてパーツごとにゴミに出してしまう方法です。

パソコンはパーツが組み合わさった状態でゴミに出そうとするとパソコン扱いになってしまうので、回収してくれませんがパーツごとにバラバラにしてしまうと規定の大きさ以内であれば燃えないゴミとして処分できます。

大きさは自治体によって異なりますが、大抵は30cm以下のものは燃えないゴミとして回収してくれます。

唯一ダメなのが大きさがそこそこあるPCケースですが、これは粗大ごみに出して処分しましょう。
ケースの中は空っぽであることを伝えた上で、粗大ごみの申込券を貼ってゴミに出すだけです。

また後述しますがハードディスクだけはそのままゴミに出したりしないようにしましょう。

ハードディスクの処分方法

一番気を使うのがハードディスクの処分ですね。
中には個人情報がたくさん入っていますし、きちんと処分しないと情報が漏洩してしまいます。
僕的に一番オススメな処分法が、ハードディスクに穴を開けるなど物理的な破壊をしたあとに、燃えないごみなどで処分することです。
ハードディスクの処分については別記事にまとめました。

終わりに

メーカーPCと違い処分法に迷ってしまいますが、一度覚えてしまえば簡単ですぐに終わると思います。
フリマアプリに出品すれば次のパーツを買うお金の足しにもなりますし、ぜひこの機会に使ってみていただきたいです。
それでは。

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな24歳男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームを嗜んでいます。
愛機のスマホはXiaomi Mi10T Pro,RakutenHand,iPhone6S

ひろをフォローする
パソコン
スポンサーリンク
ひろをフォローする
GADGET LOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました