【1/10まで】ワイモバイルの契約で最大26,000円分のポイント還元

楽天モバイルが解約手数料を徴収へ 転売ヤー終了のお知らせ?

当ページのリンクには広告が含まれています。

データ容量無制限で好評の楽天モバイルですが、ここに来てちょっと残念なニュースがやってきました。
これまでMNP弾として利用されることが多かった楽天モバイルですが、これに対抗する策として解約手数料の徴収が決定し、利用状況に応じて楽天モバイルが利用の意思がないと判断された場合は1,078円が請求されるということになりました。

短期間の利用だけで解約しMNP特典目的で使われる事が多かったため苦肉の策となりましたが、明確な基準もなくこれは揉めそうな予感。。

この記事では楽天モバイルの解約手数料について紹介していきます。

目次

楽天モバイルが解約手数料を請求!?

制度が始める日時と条件について

まず、解約手数料を徴収するシステムが始まるのは2024年の2月21日から。これより前に解約した場合は楽天モバイルから解約手数料が請求される心配はないということになります。

気になる条件ですが、契約期間が1年未満の場合で楽天モバイルが利用の意思がないと判断した場合のみ解約手数料が1,078円請求されることになります。

金額事態は一般的な事務手数料3,850円よりも安価ですしそこまで困るユーザーはいないと思いますが、ちょっとがっかりというユーザーも居るのかなと思います。

明確な基準はなく楽天モバイルが個別に判断

解約手数料自体はそこまで酷いとは思いませんが、一つ懸念されるところとして解約手数料が請求される明確な基準は存在せず、殆どの場合は楽天モバイルが一方的に決めるということになります。

金額としてはそこまで大きくありませんが、これは揉める案件がかなり出てきそうだなと個人的には思いますし、楽天モバイルの場合はサブ回線として契約しているユーザーもいて、普段は使わないという人も結構いるかとは思います。

そういった場合も解約手数料が請求されるとなればユーザーと揉める事態になりますし、もう使わないというユーザーが出てきても個人的にはおかしくないと思います。

今回の制度が他社にも広がっていった場合、総務省がどう出てくるのか気になるところではありますね。

楽天モバイルから乗り換えるならこれ!

linemo.jpより

楽天モバイルからの乗り換えですが、解約手数料が始まる前に乗り換えたいというユーザーも多いはず。
また、以前のようなMNP特典の旨味も少なくなってしまったので、月額料金を抑えるのが1番お得な方法とも言えます。

ということでまず候補に上がるのがソフトバンクの格安プランであるLINEMOで、こちらは月3GBのミニプランであれば990円から利用できるのが大きな魅力。また、月20GBのプランも税込みで3,000円以下というのもヘビーユーザーにとってもお得なのが嬉しいポイントです。
都市部でも比較的回線速度が安定しており、筆者も5年ほどは使っているプランとなっています。

最大16,000円分のポイント還元!

※スマホプランを契約の場合

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな20代男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームなどを嗜んでいます。
愛機はXiaomi 11T Pro,Redmi Note11 Pro,POCO F5,RakutenHand5G
PCは自作PCとMacbookAir
※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

目次