RAW画像はGoogleフォトに保存できる!同期のやり方も解説

この記事は約3分で読めます。

一眼レフで撮った画像の保存で困ったことはありませんか?
特にRAW画像はクラウドストレージでは対応してないところもあり、ファイルサイズも大きいので保存が面倒ですよね。
以前、AmazonのPrimeフォトを紹介しましたが、それ以外にもオススメなストレージサービスがあります。

それはGoogleフォトです。これはGoogleの会員であれば誰でも利用することができ、同期もアプリから簡単にできて初心者の人でも使いやすいと感じたのでこの記事で紹介します。

スポンサーリンク

Googleフォトで保存できる容量と料金

GoogleフォトはGoogleのアカウントを持っていれば誰でも利用することができます。
利用できる容量はプランによって異なり、無料会員の場合は15GBまでとなっています。

15GB100GB200GB2TB
月額料金無料280円380円1300円
年額料金無料2800円3800円13000円
Googleフォトの料金

RAW画像を保存するのであれば15GBだと物足りないので、最低でも100GBはほしいですね。
僕は100GBのプランを契約しています。旅行などで写真を撮るのがメインですが、今のところ60GBほどしか使っていないのでしばらくは大丈夫そうです。

もし足りなくなっても途中からプランも変更できるので安心です。

Googleフォトで同期する方法

同期の方法は簡単でスマホやパソコンにアプリを入れて、設定が終わると自動で同期が始まります。

パソコンにアプリを入れる

まず、Googleフォトのアプリをダウンロードします。
ダウンロードはこちらから。

App downloads - Google Photos

ダウンロードが終わったら表示通りにインストールします。

Googleアカウントにログインします。

バックアップするファイルの形式を選択します。
画像や動画のみをバックアップしたい場合は上をチェック、それ以外のファイルをバックアップしたい場合は下にチェックを入れましょう。

バックアップするファイルのフォルダを選択します。
画像の場合は画像フォルダを選択しておきましょう。ファイルサイズを圧縮すると容量を消費せずに、バックアップする事が可能ですが、それでは意味がないので元の画質でアップロードします。

アップロードしたファイルを確認する

アップロードが終わったらちゃんと同期が完了しているかを確認しましょう。
Googleフォトを開いて、画像を選択して情報を確認してみましょう。

ファイル形式がARWになっていたらRAW画像のバックアップは完了しています。

終わりに

クラウドストレージも普及して、写真のバックアップもお手軽にできるようになりました。
自動同期を設定しておけばバックアップし忘れる心配もないので安心ですね。
それでは。

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな24歳男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームを嗜んでいます。
愛機のスマホはXiaomi Mi10T Pro,RakutenHand,iPhone6S

ひろをフォローする
パソコン
スポンサーリンク
ひろをフォローする
GADGET LOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました