【1/10まで】ワイモバイルの契約で最大26,000円分のポイント還元

Redmi Note 12 Proのグローバル版が発売へ 気になる価格とスペック

当ページのリンクには広告が含まれています。

XiaomiのミドルレンジスマホのRedmiシリーズですが、Redmi Note 12 Proのグローバル版が2023年の3月に発売が発表されました。

SoCはDimensity 1080でAnTuTUスコアはおよそ49万点でミドルレンジ帯としては十分すぎるスペックを備えたRedmi Note 12 Proですが、使い勝手も気になるところです。

この記事では Redmi Note 12 Proのスペックや価格について紹介していきます。

目次

Redmi Note 12 Proのスペック

Redmi Note 12 Pro/Pro+グローバル版のスペックは以下の通り。

Redmi Note 12 Proのスペック
チップセットDimensity 1080
ディスプレイ6.67インチ, FHD+ (2400 x 1080)
リフレッシュレート:120Hz
OSMIUI14
メモリ/ストレージメモリ6GB〜12GB
ストレージ128GB〜256GB
カメラメインカメラ:5,000万画素
広角:800万画素
マクロ:200万画素
対応バンドFDD-LTE:B1 / B3 / B5 / B8 / B19
TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41
5G:n1/n3/n5/n8/n28A/n38/n41/n77/n78
サイズ162.9 x 76 x 7.9mm
バッテリー5000mAh 67W急速充電
重量187g
価格約4万7,000円〜(6GB/128GBモデル)
https://www.mi.com/in/product/redmi-note-12-pro-5g/より

SoCはDimensity 1080搭載でAnTuTuスコアは49万点

https://www.mi.com/global/product/redmi-note-12-pro-5g/

SoCは先代のSnapdragon 695からDimensity 1080に変更となり、AnTuTuスコアはおよそ49万点ほどになりました。

AnTuTuスコアに関しては先代からややアップしたものの、既に発表されているRedmi Note 12 Turboのほうが圧倒的にスコアが高い状態です。Redmi Note 12 Turboについてはこちら。

あわせて読みたい
Redmi Note 12 Turboの情報まとめ 7+ Gen2搭載でミドルレンジ最強スペック [temp id=14] 先日、Snapdragon 7+ Gen2の情報が発表され、その搭載スマホについてもいくつか言及がされました。Xiaomiの中で搭載予定になっているのが、Redmi Note 12 ...

6.67インチAMOLEDディスプレイ搭載

https://www.mi.com/global/product/redmi-note-12-pro-5g/

ディスプレイは6.67インチの有機ELディスプレイを搭載で、リフレッシュレートは120Hzまで対応。
ミドルレンジのスマホだとリフレッシュレートが60Hzや90Hz程度に抑えられているモデルも多いだけに、120Hzまで対応しているのはコスパが高いです。

カメラは先代と同様に5000万画素

https://www.mi.com/global/product/redmi-note-12-pro-5g/

Redmi Note 12 Proのカメラは先代と同様に5000万画素のカメラです。
昨今のカメラは1億画素超えが当たり前となりつつありますが、画素数だけで画質が決まるわけではないので、特に性能が悪いというわけではないかと思います。

先代のRedmi Note 11 Proのカメラについてはレビュー記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【レビュー】Redmi Note 11 Pro 5G ミドルレンジなら最強! 先日、OCNモバイルでRedmi Note 11 Proを購入しました。こちらはXiaomiの中でもミドルレンジ帯のスマホとなり、ハイスペックよりも日常の使いやすさなどを重視したモデ...

充電は67W対応でフル充電までおよそ46分

充電に関してですが、こちらも先代と同様に有線で67Wの急速充電に対応しており、フル充電まではおよそ46分程度となります。

バッテリーが5000mAhと比較的大型なので、急速充電に対応しているのは嬉しいポイントです。

グローバル版の価格はおよそ4万円

Redmi Note 12 Proの価格ですが、グローバル版でおよそ47,000円ほど。昨今のスマホの値上がりを考えても妥当なお値段になっているかと思います。またAliexpressなどではクーポンを利用することで4万円ほどで購入が可能。

終わりに

Xiaomi Redmi Note 12 Proですが、先代からの進化が進みグローバル版も発売されるなど、人気の高いモデルとなります。価格に関しても4万円台〜とミドルレンジ帯のスマホとしては標準的な価格に収まっているので、メイン機としてはもちろんサブ機としても使えるスマホとなります。

日本版の発売も期待したいところですね。

それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな20代男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームなどを嗜んでいます。
愛機はXiaomi 11T Pro,Redmi Note11 Pro,POCO F5,RakutenHand5G
PCは自作PCとMacbookAir
※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

目次