Redmi Note 12 Pro/Pro+のスペックまとめ 価格は3万円台〜

スマホ
この記事は約4分で読めます。

XiaomiのミドルレンジスマホのRedmi Noteシリーズですが、すでにRedmi Note12 Pro/Pro+が発表され中国版が発売されています。
SoCは以前のSnapdragonからDimensityに変更され、カメラは2億画素(Pro+のみ)にパワーアップしており、ミドルレンジの概念が壊れつつあります。

今後、日本にも上陸すると期待されるスマホですが、前モデルのコスパの良さやクオリティがあるので気になるところです。

この記事ではXiaomi Redmi Note 12Proのスペックや価格についてまとめていきます。

スポンサーリンク

Xiaomi Redmi Note 12Pro のスペック

RedmiNote 12 Proのスペックは以下の通り。

Redmi Note 12 ProRedmi Note 12 Pro+
チップセットDimensity 1080Dimensity 1080
ディスプレイ6.67インチ, FHD+ (2400 x 1080)
リフレッシュレート:120Hz
6.67インチ, FHD+ (2400 x 1080)
リフレッシュレート:120Hz
OSAndroid12 MIUI13Android12ベース MIUI13
メモリ/ストレージメモリ6GB〜12GB
ストレージ128GB〜256GB
メモリ8GB 12GB
ストレージ:256GB
カメラデュアルカメラ
メインカメラ:5,000万画素
広角:800万画素
マクロ:200万画素
メインカメラ:2億画素
広角:800万画素
マクロ:200万画素
対応バンドFDD-LTE:B1 / B3 / B5 / B8 / B19
TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41
5G:n1/n3/n5/n8/n28A/n38/n41/n77/n78
FDD-LTE:B1 / B3 / B5 / B8 / B19
TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41
5G:n1/n3/n5/n8/n28A/n38/n41/n77/n78
サイズ162.9 x 76 x 7.9mm162.9 x 76 x 9mm
バッテリー5000mAh 67W急速充電5000mAh 120W急速充電
重量187g207g
価格約3万4,000円〜(6GB/128GBモデル)約4万4000円〜
https://www.mi.com/redminote12pro より

SoCはDimensity 1080を採用

SoCはMediaTekのDimensity 1080を採用。ミドルレンジとはいえカメラは2億画素まで対応のSoCで、Antutuのスコアはおよそ49万点ほど。

先代のRedmiNote 11 ProはSnapdragon 695を採用していましたが、ベンチマークのスコアを見る限り大幅な性能アップとまではいかず、やや性能がアップした程度とのことです。

Pro +は2億画素のカメラを採用

注目のカメラですがRedmi Note 12Pro+は背面カメラに2億画素のカメラを採用!

僕が使っている11T Proが1億画素でそれでも十分驚きだったんですけど、2億画素って一体どうなってるんでしょう。。

5000mAhバッテリーを搭載&120W急速充電対応(Pro+のみ)

バッテリーは昨今のXiaomiスマホでは標準的な5000mAhを搭載。充電もPro+は120W充電に対応、Proは先代の67W急速充電をそのまま引き継いだような形となります。

僕も11T Proで120W充電を使っていますが、20分もあれば余裕でフル充電になるくらい充電が早いので、うっかり朝充電し忘れたなんてときは重宝します。(その分、発熱はそこそこあります)

価格は3万4000円から

気になるのが価格ですが、こちらはRedmi Note 12 Proで3万4000円ほど、Pro+でも4万4500円ほどと昨今の物価高などを考えても比較的価格が抑えられている印象でした。

2022年に発売になったXiaomi 12T Proは結構割高になってしまった印象があったので、ここまで抑えられていると手が出やすいですね。

Redmi Note 12 Proの販売先

Redmi Note 12 Proは現時点(2022年1月)では、日本での発売は発表されていませんが、今後発売されることも予想されます。

日本語対応の代理店のEtorenでは、グローバル版を購入することができます。
技適についてはご留意ください。

安心の日本語サポート

終わりに

Redmi Note 12 Pro/Pro+ですが、価格の上昇は抑えつつも先代から順当に進化したミドルレンジスマホとなります。グローバル版発売はまだ未決定ですが、日本でもいずれ発売して欲しいなと思えるモデルかと思います。

それでは。

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな24歳男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームを嗜んでいます。
愛機はXiaomi Mi10T Pro,iPhoneSE3,MacbookAir

ひろをフォローする
スマホ
スポンサーリンク
ひろをフォローする
スポンサーリンク
GADGET LOG
タイトルとURLをコピーしました