XiaomiのスマホはUQモバイルで使える?使える端末と設定方法について

この記事は約3分で読めます。

Androidのスマートフォンでも人気が高まっているXiaomiですが、海外の端末だと場合によっては使えたり使えなかったりします。
SIMフリーであれば全く使えないということはまずないですが、快適に使えるかどうかはチェックしておきたいですね。

そこでUQモバイルで使えるXiaomiのスマートフォンをまとめてみました。

スポンサーリンク

公式で動作確認されているXiaomi端末はこれだ!

Xiaomiのスマートフォンですが、公式で動作確認されている端末がいくつかあるのでまずはそちらを紹介したいと思います。

SIMフリー版

SIMフリー版の端末で動作確認されているのは以下のもの。

  • Redmi 9T
  • Mi Note 10Lite
  • Redmi Note 9S

また使えないサービスがいくつかあるようで、その点は注意が必要です。

ご注意
・電話基本パック(380円/月)にある「三者通話」は使用できません。
・割込通話サービス(200円/月)は使用できません。

UQモバイルより

どちらのサービスもあまり使う人はいないかと思いますが注意が必要ですね。

ソフトバンク

ソフトバンクで動作確認されている端末は一つだけのようです。

  • Redmi Note 9T A001XM

ソフトバンクの端末のため、UQモバイルで使う場合にはSIMロックの解除が必要になる場合があります。

My Softbankからマイページにログイン後に、端末での設定を完了させてSIMロックが解除されます。
分からない場合は店頭でもやってくれるので、自信がない場合は店頭でやってもらうのがオススメです。

au

auの端末で動作確認済みのものは以下です。

  • Mi 10 Lite 5G XIG01

こちらもauの端末のため、ソフトバンクの端末と同様にSIMロックの解除が必要になる場合があります。

UQモバイルの詳細はこちらからチェック!

その他のSIMフリー端末は使える?

公式ページに動作確認済みと記載されていない場合は使えないのでしょうか?
これに関しては端末によります。

公式で動作確認済みとは記載されていなくても、実際には使えるというパターンもあるようです。
一つのポイントとしてはUQモバイルの4G回線の周波数帯に端末が対応しているかというのがあります。

特にプラチナバンドと呼ばれる通信が比較的高速で安定している周波数帯が使えないと、SIMカードは認識していてもまともに使えないということがあります。

UQモバイルだと、重要になってくるのはバンド1、プラチナバンドだとバンド18バンド28に対応している端末がオススメです。

UQモバイルのネットワークの設定

UQモバイル以外で購入した端末についてはネットワークの設定が必要になります。
設定→ネットワークからアクセスポイント名などを編集します。

設定項目名設定値
アクセスポイント名uqmobile.jp
APNuqmobile.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名uq@uqmobile.jp
パスワードuq
認証タイプCHAP
APNプロトコルIPv4v6、IPv4/IPv6
APNタイプdefault,mms,supl,hipri,dun

終わりに

UQモバイルで使える端末を紹介しましたが参考になりましたでしょうか?
公式で動作確認済みのものであれば安心ですし、それ以外のものでもバンドに対応していれば使える可能性もあるのでぜひ試してみましょう。それでは。

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな24歳男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームを嗜んでいます。
愛機のスマホはXiaomi Mi10T Pro,RakutenHand,iPhone6S

ひろをフォローする
スマホ
スポンサーリンク
ひろをフォローする
GADGET LOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました