Xiaomi WearはGoogleFitと連携できない!対処法は?

ガジェット
この記事は約3分で読めます。

XiaomiのスマートウォッチのペアリングアプリとしてXiaomi Wear(Mi Fitness)というアプリがあるのですが、このデータをGoogle Fitに連携できないの?と思う方もいらっしゃるはず。

アプリごとにデータが別れていると不便ですし、できることならGoogleFitに全て移して1つで管理したいですよね。

ですが、Xiaomi WearはGoogle Fitと連携ができないのです。この問題、どうすべきなのでしょうか?

スポンサーリンク

連携できるアプリをチェックしよう!

Xiaomiのアプリですが、これは手持ちのスマートウォッチによってはXiaomi Wearのみの対応だったり、Mifitという別のアプリに対応しているというパターンもあります。

例えばスマートバンドのMiband6ですが、こちらはXiaomi WearとMifitの両方に対応しています。

逆にXiaomi Wearのみ対応なのが、僕も所有しているMiwatchLiteです。

スマートウォッチごとに対応しているペアリングアプリが異なるので、まずは手持ちのスマートウォッチがXiaomi Wearのみ対応なのか、それともMifitにも対応しているのかを確認してみるのをおすすめします。

Mifit(Zepp Life)であればGoogleFitと連携できる

Xiaomi Wearが連携できない。ならどうしたらいいの?という話ですが、結論から言うとMifitに対応しているスマートウォッチであればGoogleFitと連携できます。

Mi Fit

Mi Fit

Huami Inc.無料posted withアプリーチ

GoogleFitと連携する方法

やり方はとても簡単で1分もあれば終わります。

まずはMifitにログインしてプロフィールを選択します。

アカウントを追加を選択。

すると「アカウントを追加」という項目があるのでそれをタップします。

GoogleFitを選択してGoogleアカウントでログインする。

するとGoogleFitという項目があるのでそれを選択して、Googleアカウントでログインします。

これでGoogleFitとの連携が完了しました。

Mifitに対応しているスマートウォッチがオススメ

Xiaomi WearだとGoogleFitとは連携できないので、選ぶのであればMifitに対応しているスマートウォッチがオススメです。

先ほども紹介したMiband6であれば機能も豊富で、2週間ほどはバッテリーが持つので使い勝手も良いですね。

また旧モデルのMiband5もMifitに対応しているのでそちらもチェックしてみてください。

Mifitに対応しているのはスマートウォッチだけじゃない!

またスマートウォッチ以外ですとXiaomiのスマート体組成計がMifitに対応しているので、こちらもチェックしてみるのはいかがでしょう?

僕もこの体組成計を使っていますが、体重や体脂肪率、筋肉量などを計測することができて日々の健康管理にとても役に立っているガジェットですね。

まとめ

最後にまとめると

  • Xiaomi WearはGoogleFitと連携できない。
  • Mifitというアプリであれば連携できるが対応しているスマートウォッチが限られている。

ということでGoogleFitと連携できる方法は少し限られているので、購入する前には注意が必要です。

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな24歳男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームを嗜んでいます。
愛機のスマホはXiaomi Mi10T Pro,RakutenHand,iPhone6S

ひろをフォローする
ガジェットスマートウォッチ
スポンサーリンク
ひろをフォローする
GADGET LOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました