Amazonのアレクサはどれがいい?値段と機能を比較!

Amazon
この記事は約6分で読めます。

スマートスピーカーの中でも使う人が多いのがAmazonのアレクサですね。
2014年に発売されて以降、機能もアップデートが続いており世界中で愛されているAIです。
ただいまと言ったらおかえりと返してくれたり、くだらない質問にもちゃんと答えてくれて、気づいたらついつい話しかけてしまう存在。

そんなアレクサですがいくつか種類があり、どれを選べば良いか分からないこともありますよね。

この記事ではAmazonのスマートスピーカーのアレクサについて、値段や機能を比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

Amazon Echoスマートスピーカーの一覧

Amazonアレクサですが、主に4種類あり機能を比較していきます。まずはディスプレイなしのスマートスピーカーから比較です。

Echoシリーズの比較表(ディスプレイ無し)

EchoDot第三世代Echo Dot (第4世代)EchoEchoStudio
特徴コンパクトサイズコンパクトサイズ、球体プレミアムサウンド、球体Hi-Fi/3Dによる没入感のあるサウンド
スピーカーサイズ1.6インチ1.6インチ3.0インチウーファー、0.8ツイーター x 25.25インチウーファー 2.0インチミッドレンジスピーカー 1.0インチツイーター
音楽ストリーミングサービス対応Amazon Music HD/Ultra HD/3Dオーディオ対応
外部スピーカー接続3.5 mm ライン出力3.5 mm ライン出力3.5 mm 入出力 (Alexaアプリで切り替え)3.5 mm ミニジャック・mini-opticalコンビネーション (入力)
音声・ビデオ通話音声通話音声通話音声通話音声通話
家電の操作 ※別売 対応機器が必要
リモコン家電の操作 ※別売 赤外線コントローラー必要
スマート家電の簡単セットアップ ※Zigbeeスマートホームハブ内蔵「デバイスを探して」で対応家電をセットアップ「デバイスを探して」で対応家電をセットアップ
サイズと重量43 x 99 x 99 mm 300 g100 x 100 x 89 mm 328 g144 x 144 x 133 mm
940 g
206 x 175 x 175 mm
3.5kg

機能と価格を一覧表にしましたが、基本的にはどのスピーカーを選んでも機能は変わらず、上位モデルのみに搭載されている機能もほとんどなく、エントリーモデルでも十分な機能を備えています。

Amazonより

寝室のベッド横やテーブルなどに置きたい場合はコンパクトなEchoDot一択で、リビングで高音質で音楽を楽しみたい場合はEchoまたはEcho Studioとなります。

とはいえ、大きいと置き場所に困りますから初めて買うのであればEchoDotが一番良いのかなと思います。一番安いですし。

Echoシリーズの比較(ディスプレイあり)

次にEchoシリーズの中でもディスプレイアリのモデルについて比較していきましょう!

Echo Show 5Echo Show 8Echo Show 10 Echo Show 15
価格¥8,980 から¥14,980 から¥29,980 から¥29,980 から
ディスプレイ5.5インチ 解像度 960 x 4808.0インチ 解像度 1280 x 800 自動色彩調整機能10.1インチ 解像度 1280 x 800 自動色彩調整機能15.6インチ 解像度 1980 x 1080
スピーカー1.6インチ x 12.0インチ x 21.0インチツイーター x 2、3.0インチウーファー1.6インチ x 2
カメラ2MP13 MP 自動フレーミング機能13 MP 自動フレーミング機能5MP
音楽ストリーミングサービス
音声・ビデオ通話
家電の操作 ※対応機器(別売)が必要
リモコン家電の操作 ※別売スマートリモコン(別売)が必要
スマート家電の簡単セットアップ ※Zigbeeスマートホームハブ内蔵「デバイスを探して」で対応家電をセットアップ
壁掛け可能
カメラのプライバシー機能カメラカバー、 マイク/カメラ オン/オフ ボタンカメラカバー、 マイク/カメラ オン/オフ ボタンカメラカバー、 マイク/カメラ オン/オフ ボタンカメラカバー、 マイク/カメラ オン/オフ ボタン
サイズ幅148mm x 高さ86mm x 奥行73mm幅200mm x 高さ130mm x 奥行99mm幅251mm x 高さ230mm x 奥行172mm幅402mm x 高さ252mm x 奥行35mm

主な違いとしてはディスプレイの大きさと解像度、スピーカーとカメラの性能ですね。

ディスプレイはあくまでもおまけで、スピーカーをメインに使いたい場合はエントリーモデルのEcho Show 5を、写真などを高画質で見たい場合や音声ビデオ通話も快適に使いたいという場合は上位モデルを選ぶのがポイントとなります。

個人的にはカメラの性能とかディスプレイの解像度を見た感じ、EchoShowが一番良い感じがしますね。
エントリーモデルだとカメラは2MPの解像度で本当におまけ感がすごいので、カメラを使いたい場合はEcho Show8一択かと。

また、ディスプレイ付きのモデルはフォトフレームとしても使うことができ、Amazon Photoにアップロードした写真をランダムで表示したりすることができます。

AmazonPhotoはプライム会員に登録すると画像は容量無制限でアップロードできるので、まだ登録してないよという人はチェックしてみるのがオススメです。

プライム会員なら画像アップロードが無制限!

Alexaと合わせて購入すると便利なもの

単体でも便利なスマートスピーカーですが、Alexa対応デバイスを購入して接続すると、様々な機器を音声で操作することが可能で、より一層便利な生活を送ることができますよ。

なかでもSwitchBotのハブミニは自宅にある照明やテレビのリモコンをスマート化することができ、音声での操作が可能となるので一度使ってみるとかなりハマります。

スマートデバイスも1万円以下で購入できるものがほとんどなので、自宅をスマートホーム化してみたいなんて人も注目です。

終わりに

Amazonのアレクサですが、3000円台から購入でき一度使ってみるとその親しみやすさと便利さに感動して、ついつい話しかけてしまう楽しさがあります。

また、対応しているデバイスを購入することで、音声で機器を操作することも可能で自宅をお手軽にスマートホーム化することもできます。

まだ使ったこと無いという人はぜひこの機会に使ってみてほしいと思います。それでは。

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな24歳男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームを嗜んでいます。
愛機はXiaomi Mi10T Pro,iPhoneSE3,MacbookAir

ひろをフォローする
Amazon
スポンサーリンク
ひろをフォローする
スポンサーリンク
GADGET LOG
タイトルとURLをコピーしました