【1/10まで】ワイモバイルの契約で最大26,000円分のポイント還元

Xiaomi 14シリーズのグローバル版が発表へ 日本版の発売も期待

当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事を書いた時点では中国版のみの発売となっているXiaomi 14シリーズですが、2024年2月25日に新製品発表が行われる予定で、そこでXiaomi 14シリーズのグローバル版が発表される予定とのこと。

ソースはXiaomi Japan公式アカウントで、次の新製品発表会でXiaomi 14シリーズの発表がいよいよされるとのこと。日時は2月24日と少し先にはなりますが、この記事ではXiaomi 14シリーズについて少し早めにお届けします。

目次

Xiaomi 14シリーズのスペック

Xiaomi 14シリーズですがまずはスペックを見ていきましょう。

Xiaomi 14のスペック表

Xiaomi14のスペック
ディスプレイ6.36 inches,
1200 x 2670 pixels
OSAndroid14 HyperOS
SoCSnapdragon 8 Gen 3
メモリ/ストレージ8GB+256GB
12GB+256GB
16GB+512GB
16GB+1TB
バックカメラトリプルカメラ
広角:50MP(23mm)
望遠:50MP(75mm)
ウルトラワイド:50MP(14mm)
フロントカメラワイド:32MP
サイズ152.8 x 71.5 x 8.2 mm or 8.3 mm
重量188 g または 193 g

SoCはSnapdragon 8 Gen3

まずは注目のSoCですが、こちらはSnapdragon 8 Gen3を搭載。初代のSnapdragon 8は発熱が厄介でなかなか使いづらいと評判でしたが、進化を重ね発熱も抑えられているというのが嬉しいポイント。

AnTuTuのスコアは約200万点と非の打ち所はなく、原神など重たいゲームも快適に遊べるスペックとなっています。

カメラはライカ監修

Xiaomi 14の注目ポイントとしてはやはりカメラで、こちらはライカ監修の5000万画素のトリプルカメラを搭載。

センサーサイズは1/1.31と1インチに近いサイズとなり、5000万画素の望遠レンズも搭載でポートレートなども撮影するのが楽しくなるカメラです。撮影モードに応じて画素数が変わるとのことですが、通常の写真モードだと3500万画素ということみたいです。

ただ、ライカ監修のカメラはライセンスの関係で日本版ではXiaomi 13Tシリーズから省略されてしまったので、こちらは販売する地域に応じて搭載するという形になるかとは思います。

OSは最新のHyperOS

これまでのXiaomiのスマホはMIUIがインストールされていましたが、新世代のスマホということもありこちらはHyperOSが搭載されています。

すでに既存の端末へのアップデートも随時提供されており、使ってみた印象ですがMIUIのマイナーチェンジといった感じで大きな変化はそこまで感じませんでした。

終わりに

Xiaomi14ですがグローバル版の発売も決定ということで日本での販売も期待したいところではあります。ライカ監修のカメラは日本版が発売されても搭載されるのは絶望的ですが、今後の展開が注目されるモデルとなります。

それでは。

ソース

Xiaomi Japan公式X(https://twitter.com/XiaomiJapan)

Xiaomi公式サイト(中国版)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ゲーム好きな20代男です。
自作PCは中学生のときに始め、PCゲームなどを嗜んでいます。
愛機はXiaomi 11T Pro,Redmi Note11 Pro,POCO F5,RakutenHand5G
PCは自作PCとMacbookAir
※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

目次