ワイモバイルでPixel7aが半額の27,720円から!詳細はこちら>>

パソコンからTwitchでゲーム配信をするには?必要なものと設定

当ページのリンクには広告が含まれています。

ゲーム配信ではOBSなどの配信ソフトが必要になりセットアップも少し面倒で初心者の人にはオススメしづらいのですが、Twitchでは公式でTwitch Studioというソフトがあり、他の配信ソフトと比べると比較的簡単にゲーム配信を行うことができます。

設定もインストールから画面の設定まで5分あれば終わるかなという感じです。

この記事ではTwitch Studioの設定方法や配信で必要になるものを紹介していきますね。

目次

Twitch Studioから配信するのに必要なもの

配信用のPC

ゲームをやるだけでなく配信も行うのであれば、それなりのスペックが必要になります。

Twitch Stduioの最低/推奨スペックは以下の通りになりますが、これは配信するゲームによっても異なるので、十分なスペックがあるパソコンを用意しましょう。

必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 64-bitWindows 10 64-bit
グラフィックDirectX 11互換NVIDIA GTX 10シリーズ以降
メモリ4GB以上(2GBの空き容量)8GB以上
CPU4コアのIntelまたはAMD社製CPU8スレッドのIntelまたはAMD社製CPU

ゲーミングPCを組んでいるのであれば、グラフィックボードやCPUは基本的に大丈夫だと思うのですが、ゲームと配信ソフトを同時に起動するのであれば、メモリの量は少し余裕を持って16GB以上は積んでいたほうが良いと思います。

ちなみに僕は32GB積んでいますが、使用率は最大でも60%ほどなので不足することはまずありません。参考までにどうぞ

マイクやヘッドセット

僕が使用しているSM-58というマイクです。

こちらはゲームの配信をするならほぼ必須と言えるものですね。
マイク単体かヘッドセットを悩むかと思いますが、オススメはヘッドセットです。

価格も6000円程度でお手頃なものが多いのでこれを機会に購入するのが良いと思います。

必要であればWebカメラ

顔出しで配信するのであればWebカメラも用意しましょう。
そのままだと写りが良くないので、配信用の照明もあると尚良です。

本格的にやるならオーディオインターフェースがオススメ

Steinberg UR12

マイクもUSBで接続するだけのお手軽なものもありますが、音質とかにもこだわりたい人はオーディオインターフェースや専用のマイクを使うのをオススメします。

僕はSteinbergのUR12とSM-58というマイクを使っていて、配信をあとから聞いてみても声の音質などもバランスが良く、手元のノブで音量もすぐに変更できるので重宝しています。

Twitch Studioのダウンロードと設定

Twitch Studioをダウンロードする

配信ソフトは色々と種類がありますが、今回は一番設定が簡単なTwitch Studioで行っていきます。
OBSとかでもいいんですけど、設定がちょっと面倒なので。。

配信ソフトは公式サイトからダウンロードします。

Twitchアカウントでログインして表示画面に従って設定を完了させます。

始めるをクリック

マイクをセットアップする

まず最初にマイクの設定を行っていきます。

マイクの音が確認できたらシーンに進むをクリック

配信で使うマイクの設定ですが、試しにマイクに向かって話しかけてみて音量のチェックなども行うと良いですね。音が小さすぎたり大きすぎたら調整しておきましょう。

確認ができたら右下にある「シーンに進む」をクリックします。

シーンのカスタマイズ

シーンの選択ですが、特にこだわりが無ければゲームをプレイのままでOKです。

次に設定に進みます。

配信画質の設定

これはパソコンのスペックやインターネットの回線速度を元に自動で適切な設定が表示されます。

これもこだわりがなければそのままでOK!

僕の使っているパソコンではフルHDの60FPSが最適となりましたが、こちらは使っているパソコンによって変わってきます。Twitchはスマホから見る人も多いので個人的には720pあれば十分かなと思います。1080pまであると重くなって見られない人も出てきそうなので。

これも特にこだわりが無ければこのままでOKです。

Twitch Studioから配信を開始する

配信したいゲームを起動したら、左上のメイン画面共有を選択して、起動しているゲームを選択します。

キャプチャーを変更を選択

すると起動しているソフトの一覧が表示されるので、配信をしたいゲームを選択しましょう。
ゲームを選択すると画面がこのように。

ゲームを選択した状態。これで配信がされます。

このようにゲームの画面が反映されているのが分かりますね。

これで設定はほぼ終了となります。試験配信をしてみて画質や音量などのチェックを行っておくとより安心ですね。

終わりに

Twitchでのゲーム配信ですが、専用のTwitch Studioを使うことで簡単に始めることができます。
用意するものは色々とありますが、昔よりもお手軽に始めることができるので、試してみたい人はぜひチャレンジしてほしいなと思いました。

それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ガジェットが大好きな20代男です。
スマホは圧倒的にAndroid派でXiaomiのスマホを使い続けて早4年。
毎年10台以上のスマホを購入しスマホ回線は4つ持ち。
愛機はXiaomi 11T Pro,Redmi Note11 Pro,POCO F5,RakutenHand5G
PCは自作PCとMacbookAir
※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

コメント

コメントする

目次